忍者ブログ
リリーホワイトの笑顔に支えられて生きてる人のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

描いたならどこまでも 途切れさせずに・・・


はい、というわけで久しぶりの内容がある更新。だと思う。やっぱ内容なんかないや

まぁ良い曲見つけたぜ~って言う例のareなんだ


君の美術館さんの palette~人々が愛した幻想郷~ってCDの

今昔幻想郷 です

例の、pspに東方の曲を入れてくる友達のpspでこの曲を聴いてビビっときたんだ
 

この曲はね、旧作で幽香と戦ったことがあるなら尚更お勧めするよ

てか、旧作で幽香と戦ったことがある人じゃないとこの曲の本当の良さはわからないかな

一応曲説明のところには原曲は 今昔幻想郷~Flower Landってなってるけど

明らかに 幽夢 ~ Inanimate Dream が入ってる。サビに。だがそれがいい

音楽ってやつぁ記憶を呼び起こしやすいもんでね

幽香との熱い戦いを思い出しながら聴き入れるってのが良いね。うむ、この曲は良いよ


てか、原曲が今昔幻想郷で嫌いな曲が今の所無いな。4つぐらいしか知らないけどね

COLORS!!  D-89  タイヨウノハナ  そして今回の今昔幻想郷

てかてか、今昔幻想郷自体が好きなのかもしれない。分からんなぁ・・・

いやてか、今回のは幽夢だから良いってわけで今昔だからって感じじゃないなぁ・・・


まぁ兎にも角にも良い曲だから聴いてみると良いよ












続き~

実はもう一曲ほど良い曲を見つけましてデスね

Liz Triangleさん内の東方の曲アレンジ専門で活動している りすとら さんの White Lotus...ってCDの

White Lotus... です

今更なにをwwwって言う人もいると思いますがね・・・えぇ、例の画質が悪くなる曲ですよ


俺ってね、大体は曲調やVocalの声に惹かれて曲を好きになるんですよ

例として一番最近は 上で紹介したやつや、KrasterさんのNe;onさんが歌ったCOLORS!!とかかな(これも紹介したね)

なんですけど!この White Lotus... って曲は歌詞に惹かれましたね

音楽ってやつぁ記憶をry

まぁなんだ、下手な説明聞くより曲を聴いた方が早いわな


んでもって俺はこういう曲ってあんま好きじゃなry

何でかって?今まで俺が紹介してきた曲を聴いてみれば俺の好みが分かるさ
(3曲ぐらいしか紹介してないけどね)

あんま好きじゃないんだけど

それでも心に響いちまって、残っちまって、離れない、忘れられない曲

そんな曲なのさ。この White Lotus... って曲はね


そしてね、この曲を聴いたらね

ピアノとVocalの為の萃香八番~孤独

を思い出したよ

やっぱね、同種の曲を思い出しちゃうよね?(これぐらいしかこういう曲は知らないけどね)

これもね、なんか心に響くのよ

こういう心に響く曲を聴くたびにつくづく思うんだよ(これぐらいしかこういう曲はry)

作詞家すげぇって(もちろん、それをちゃんと詠えてるVocalさんもだけどね)


俺の厨ニポエムでも誰かの心に響くかな~

おし、なんか良い具合にオチがついた
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
スプルド
性別:
男性
職業:
リリーホワイトを愛で続ける仕事
趣味:
東方 妄想 ネトゲ グフフイ
自己紹介:
寄る年波には勝てない。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
530
(08/31)
529
(08/03)
528
(07/30)
最新CM
[03/15 スプルド]
[03/05 ハイスクール フレンド]
[02/11 スプルド]
アクセス解析
ブログ内検索
カウンター
ブログパーツとか          応援とかその他
リリーかわいいよ!
よるのないくに
ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~

Copyright © [ 春傍幸感 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]